So-net無料ブログ作成
重曹の知識 ブログトップ

重曹の食用と掃除用の違いは何?選び方を知って上手に使おう [重曹の知識]

常に自宅にストックしておきたい重曹。
薬局やスーパー、100円ショップなどで
食用や掃除用などいくつかの種類を見かけますが、
それらに違いはあるのでしょうか?

今回は、重曹の食用と掃除用の
違いについてまとめてみました。

スポンサードリンク




重曹の種類大きく分けて3つ



現在市販されている重曹には、
大きく分けて3つの種類があります。

・日本薬局方の重曹

薬として薬局やドラッグストアが扱っているもの。
薬としての効果を確認するための
臨床検査がされており、医薬品として
厚生労働省から認められています。

・食品添加物としての重曹

スーパーの食品売り場に置かれているもの。
お菓子作りや料理の時に使われる。
口に入れても問題ないように作られていますが、
医薬品としての効果は確認されていません。

・工業用の重曹

掃除用などの目的で売られているもの。
口に入れる前提では作られていないため
製造時の管理が比較的ゆるい。
上の二つに比べて安く手に入る。

重曹を選ぶときには
これらの分類をよく覚えておきましょう。


スポンサードリンク




食用と掃除用の重曹は何が違う?



上で書いた3種類の重曹の中で食用として使えるのは、
ドラッグストアや薬局で買える「日本薬局方の重曹」と
食品として売られている「食品添加物の重曹」です。

なので、工業用の重曹は掃除用や洗濯など、
口に入れたり肌につけたりする以外の用途で
使うべきです。


上でも少し書きましたが、
これらの食用の重曹と掃除用の重曹の違いは、

口に入れるものとして検査や管理がされているかどうか

という点が一番大きく、
重曹自体の性質はどちらも違いはありません。

ですから、食用の重曹を掃除に使っても
何も問題はありません。
(掃除用よりは割高になりますが)


逆に、掃除用の重曹を
口にしたり肌につけたりすることは
おすすめできません。

掃除用だから危険だとは言い切れませんが
やはり口に入れたり肌につけるならば
きちんと管理された食用を
使った方が安全です。


いかがでしょうか?

実は食用、掃除用と分けられていても
重曹自体には大きな違いはありません。

ですが、使う目的によって
きちんと選びたいものですね^^


以上、「重曹の食用と掃除用の違いは何?
び方を知って上手に使おう」
でした!


スポンサードリンク



タグ:重曹
トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
重曹の知識 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。