So-net無料ブログ作成
重曹で料理 ブログトップ

【重曹で料理】肉、魚、野菜に使えば便利でラクラク!くさみ取り、汚れ落としにも! [重曹で料理]

重曹はお掃除やお洗濯だけではなく、
料理にも使えることをご存知でしょうか。

今回は、重曹が威力を発揮する、
お肉、お魚、野菜料理での使い方について
ご紹介していきます^^


スポンサードリンク




重曹を料理に!肉、魚、野菜に!くさみ取り、汚れ落としにも!



では早速、肉、魚、野菜料理に
重曹を使う方法をご紹介していきます!


・肉をやわらかくする

重曹には肉のたんぱく質を分解して柔らかくする性質があります。

肉を切った後に重曹をひとつまみかけ(多いと苦くなる)、
よくもんでなじませてから数分おいてから調理すればOK。

・肉のくさみをとる

骨付き肉などの独特のくさみもとれる。

ボウルに水を入れ、そこに重曹ひとつまみを入れて溶かす。
そこに鶏手羽先などの骨付き肉を入れ、よく洗う。
仕上げに流水で洗い流し、キッチンペーパでふく。

・ハンバーグに入れるふくらし粉として

重曹は加熱すると炭酸ガスが発生し、ふくらむ性質を持っているため、
その性質を利用してハンバーグに入れるふくらし粉として使える。

ハンバーグを作る際、ひき肉に重曹をひとつまみかけ、
他の食材や調味料を入れてよくもんでなじませればOK。


スポンサードリンク




・魚のくさみをとる

ボウルに水をはり、重曹をひとつまみ入れて溶かす。
その重曹水の中に魚の切り身を入れ、サッと洗う。
仕上げに流水で重曹水を洗い流す。

・魚のぬめりをとる

重曹の粉をサンマなどの魚の表面にふりかけ、
全体をこすってぬめりを取る。
仕上げに流水で洗い流せば魚のくさみやぬめりが取れる。

・野菜や果物の汚れをとる

りんごなど、表面のワックスや汚れが気になる果物には
重曹を使うと良い。

重曹を果物や野菜の表面に振りかけ、全体をこする。
そうすることによって、表面のワックスや汚れが取れる。
汚れ等がとれたら仕上げに流水で洗い流す。

・ゆで野菜の色を鮮やかにする

野菜をゆでる際、重曹を使うと
色鮮やかなままでゆでる事ができる。

鍋に水を入れ、そこに重曹を小さじ1程度入れる。
よくかき混ぜて溶かしてから野菜を茹でる。
茹で上がったらしっかりと水気を切る。


以上、
「【重曹で料理】肉、魚、野菜に使えば便利でラクラク!
くさみ取り、汚れ落としにも!」
でした!


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
重曹で料理 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。